HOME>オススメ情報>晴れの日に相応しいスタイルを提供してもらえる

指定による技術面の評価

花嫁とプランナー

生涯共に過ごすことを誓う結婚、一生に一度の挙式のヘアメイクを担当するのは女性美容師です。式場やホテル、海外挙式では、新婦の約9割が会場の指定するブライダルヘアメイクを使います。仕組みはシンプル、ブライダル業界とブライダルヘアメイクは強い提携状態にあるからです。美容師免許も必須、婚礼用のメイク、着付けもサービスとして行ってくれます。洋装・和装のヘアメイクの技術はそのままに、ブライダルフォトという新たなスタイルが提案され、メイクリタッチ技術もサービスとして女性から評価されています。ウエディングドレスを着用する新婦、そしてタキシードを着用する新郎のコーディネートが揃っていたり、あえて個性的に仕立てたりすることがあります。だからこそ、男性用ヘアメイクの技術もあるなど、トータルでできるプロが施してくれるのです。

フリーと提携での差

花嫁

ブライダルヘアメイクの費用は、行きつけの美容師を手配する・しない、ここで差の開きがあります。大抵は、会場指定や在籍する美容師が担当につくので、費用もブライダルプランに含まれています。自ら手配すれば、持ち込み料が発生します。提携美容室をうまく活用することで、相場よりリーズナブルに利用することも可能です。ブライダルフォトも結婚式を行えなかった夫婦に人気です。スタジオ撮影料込みでの相場は5万円台だともいいます。撮影料(カメラマンの依頼料)が大部分を占め、サービスとして無料あるいは安価にてヘアメイクを施してくれます。相場観では、料金設定が自由にできる独立型(フリー)のアーティストのほうが高めです。

シチュエーションに合わせる

花嫁

ブライダルヘアメイクの評判が良い理由としては、ブライダル専門(業界)で技術を研くプロが携わるからでしょう。最近では、ブライダル撮影のみで済ませるカップルや夫婦も少なくありません。スタジオ、ロケーション撮影向きとなるヘアメイクも心得ています。また、洋装のみならず、和装も人気ですが、和洋装ミックスさせるコーディネートも増えています。そうした場合にも適したブライダルヘアメイクを施してくれるため、ブライダル専門の美容師が選ばれています。

広告募集中